介護職員初任者研修とは

介護

ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修へ

平成25年度(2013年度)の介護資格制度により新設された資格で、これまでのホームヘルパー2級に代わるものです。既にホームヘルパー2級の資格を取得した方は自動的に介護職員初任者研修終了の資格に移行されます。

介護職員初任者研修はこれから介護を目指す人の入口

ホームヘルパー2級に変わり実務者研修と共に新設されました。介護の現場において最低限必要な知識や技術を習得するためのカリキュラムが組まれています。

介護資格のキャリアパス

介護福祉士、そして新設予定の認定介護福祉士への道

介護資格のキャリアパス

初任者研修を終了すると実務者研修の受講時間が短縮できる

実務者研修は、初任者研修修了や旧ホームヘルパー2級、1級、介護職員基礎研修修了などの資格によって段階わけされており、受講内容が重複しないような措置がとられています。

この介護職員初任者研修は、介護を一生の仕事にしようという方の最初のステップとして、介護の基礎から学ぶことができます。

また、これから家族の介護が必要になるなどといった場合にもこの研修で必要な知識と技術を身につけることができます。

初任者研修は介護の仕事以外にも役立つ

介護職員初任者研修の学校を探す

費用だけでなく受講期間も重要!

  • 短期集中コースで1ヶ月
  • 土日コースで4ヶ月
介護

また、テキストをもとに自宅学習ができるコースもありますので、自分にあった受講講座を選択することが重要です。

ホームヘルパー2級講座で必修だった現場実習が任意となる介護職員初任者研修ですが、学校によって無料で任意の受講ができるところもあるので、今後実際に介護の現場で働こうと考えている方はそういった面からも学校選びを検討してみるのもよいでしょう。

複数のスクールを比較検討すること!

資格取得、学校選びに便利なサイト「Brush UP 学び」で無料一括資料請求

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)学校を比較

資料請求はこちら

高齢化社会が進むにつれ、注目される資格。介護職員初任者研修

「福祉の仕事に興味があるけど、何から学んでいけば良いのか分からない」、「何か人と関わる仕事に就きたいけどどんな仕事があるのだろうか」等の検討している方や、「福祉の世界を覗いてみたい」、という方にお勧めなのが「介護初任者研修講座」です。

この資格は以前、ヘルパー1級・2級・3級といういわゆる、「ヘルパー資格」と呼ばれていたものですが、国の動向で、徐々に介護の資格の最終ラインを「介護福祉士」という国家資格に統一していこう、と目指すべき動きの中で呼び方や研修内容が変わってきた資格です。

そして、昨年の平成24年4月には最終まで残っていた「ヘルパー2級養成講座」が廃止され、この「介護職員初任者研修養成講座」へと名称共に、受講内容も見直しされました。

続きを読む

その中でも特徴的なのは、筆記試験が導入された事です。今までは決められた時間数の講義を受ければよかったのですが、将来的には「介護福祉士」という資格を目指すべき人材育成というコンセプトのもとしっかりとした学力や実技を身につけ、そのスキルを現場で生かせる人材を育てよう、という動きに変わりました。

考え方によっては簡単にとれる資格では無くなったのかもしれませんが、しっかりとした専門職として行かせて認められる資格へと変

化をしていると捉えることができます。すなわち、これからの日本社会でのニーズが益々増える専門資格と言えるのではないでしょうか。

平成24年版高齢社会白書によれば、日本の高齢化率は23.3パーセントに達しており、今後も高齢化は進むと予測されております。そんな中で実際に就職する方だけでなく、持っておくだけでもいざという時に使え、自分の武器になるであろう「介護初任者研修」をこの機会に受講される事をお勧めします。

「介護」という実技だけではなく、「福祉の倫理」や「福祉の世界」を学べ、高齢者対象の就職だけではなく、障害のある子供さんと関わる仕事に就く方や、福祉の事務関係に就かれる方もいらっしゃいます。そういう意味でも「何か人の役に立つ仕事がしたい」、「これからの自分のスキルアップを図りたい」と考えている方に、お勧めな講座が「介護初任者研修」です。

そしてまた、以前同様に「福祉」の資格の第一歩としての踏み台には変わりはありません。「いつか取りたい」「時間ができたら」とお考えの方こそ、制度が変わり、専門的に学びやすくなった今、「介護初任者研修」を今、受講する事をおすすめします。この何かの縁が将来の実を結ぶであろうことを願ってやみません。

実務者研修の資格をとるには?

サブコンテンツ

このページの先頭へ